BBQ&S-BBQ

Bogus Beethoven Quartet & Special Bogus Beethoven Quintet
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
D.956_珍盤
"0""0""0"CLASSICS TH072 (1CDR)

Schubert
String Quintet in C major, Op.163, D.956

Gidon Kremer : vn1
Thomas Zehtmair : vn2
Kim kashkashian : va
Wofgang Boettcher : vc1
Mischa Maisky : vc2

sep.1983, Berlin Live

14:50/11:56/9:44/9:39

なにやら盗み録りのようなしろもの。


| LP&CD | 00:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ブダペストの旧盤
仏Philips A01.196L

Beethoven
String Quartet No.9 in C, Op.59-3"Rasmovsky"
String Quartet No.10 in Es, Op.74"Harp"

Budapest Quartet
J.Roisman : 1vn
J.Gorodetzky : 2vn
B.Kroyt : va
M.Schneider : vc

昔ラズモフスキー第3をやっていたときに、よく聴いていたのがこれ。
Stereoの新録しか知らなかった耳に衝撃的に響きました。特に2楽章の
チェロが存在感抜群でヒタヒタと迫る恐ろしいものでした。

フランスPhilipsの厚いLPが安く手に入ったので久しぶりに出会えました。
迷いのない厳しい演奏で一気に聴かせます。
今回の作品74もたいへんテンポが速く、響きも芯のあるもの。
・・・終楽章第2変奏のvaでぐっと遅くなりますが、この入りの間の開け方はとてもgood!BBQの開け方に似ています!?

| LP&CD | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
4人のレディ

今日は職場の忘年会。わがBBQと比べれば1/4も飲んでいないのに、
「今日は飲み過ぎだ」なあんて言われる始末。明日も仕事とはいえ甘すぎる!
帰り道にこれを聴く。
女性4人で、ステージに登場するときからエンタ−テイメントなんだそうだ。
3楽章が最速!?まったく別世界に連れ込まれる。
変奏曲の解釈もえぐく、思わずスコアをチェック。後半の3〜4小節に
力点があることに気づく。

コロラドQ
7番〜10番
| LP&CD | 23:08 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Beethoven Op.74 / Bouillon Q
明日はいよいよ練習日だから、とっておきのCDをだすぜ!
カペーQの弟子、フランス弦楽四重奏の本流、ブイヨンQだ!
なんと自由で洗練された音楽なのだろうか。
再現芸術ここに極まれり、だ。
2楽章アダージョ・マ・ノン・トロッポを聴いて涙が止まらなくなる・・・

新星堂SGR8551
フランスの弦楽四重奏団、名演の遺産第7集
ブイヨン四重奏団Vol.1

ベートーヴェン弦楽四重奏曲第10番変ホ長調作品74「ハープ」
(7:50/8:18/5:38/5:52)1940年12月録音
ダンディ弦楽四重奏曲第2番ホ長調作品45
ハイドン弦楽四重奏曲ハ長調作品50−2よりアダージョ・カンタービレ

ガブリエル・ブイヨン:vn1
アルベール・ロカテルリ:vn2
アンリ・ブノワ:va
カミーユ・ドゥロベール:vc

| LP&CD | 22:20 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Schubert Quintet / Boskovsky

この曲、バリリQのレコードがないんですよねえ。
でも、バリリ引退後、メンバーを引き継いだ
ウイーンフィルハーモニックQの録音がありました。

"Decca LXT6173"
Vienna Philharmonic Qt.
Willi Boskovsky: vn1
Otto Strasser: vn2
Rudolf Streng: va
Robert Scheiwein: vc1
Richard Harand: vc2
(13:49/12:48/8:01/9:36)
1965

旧バリリQメンバーの2人(vn2とva)はさすがに素晴らしく、
1楽章100小節〜など、この2人が16分音符を弾くところなど、
テンポが急に快調になり、モーツアルトじゃないけど、
「疾走する悲しさ」が実現できているような気がします。

ボスコフスキーはさすがにバリリと比べちゃうと役不足ですが、
速い楽章は弾むリズムで楽しく弾いています。
| LP&CD | 21:27 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Beethoven Op.74 / Beethoven Q
ベートーヴェン
弦楽四重奏曲第10番変ホ長調
作品74「ハープ」

日 TRITON MECC-26021
(8:22/8:27/5:09/5:56)
(+シューベルト ピアノ五重奏曲イ長調「鱒」D.667)

ベートーヴェン四重奏団
vn1=ツィガーノフ
vn2=V.シリンスキィ
va=ボリソフスキィ
vc=S.シリンスキィ
1960年(Live)

繰り返し全部ありです。
ひげぺんぎんの感想記事

BSQハープ
| LP&CD | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Beethoven Op.74 / Mari Iwamoto Q
ベートーヴェン
弦楽四重奏曲第10番変ホ長調
作品74「ハープ」

『外様』カテゴリー

日 山野楽器 YMCD-1079-82
厳本真理Q
(8:23/10:35/4:57/6:57)
厳本真理(vn1)
友田啓明(vn2)
菅沼準二(va)
黒沼俊夫(vc)
1973年
+1番、3番、9番、11番、15番、16番

ひたすら内に内に、自分の世界に入り込むvn1の歌い方にしびれます。
気負いも迷いもなく、技術を越えた魂のある演奏だと思います。
vaはちょっと音色が暗めで音が前に出てこないのが好みじゃないけど、
バランスのよいサウンドです。


| LP&CD | 22:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Schubert Quintet / Tatrai Q
シューベルト弦楽五重奏曲ハ長調D.956

独Capriccio 490708
Tatrai Q
Laszlo Szilvasy(vc2)
1996

1 Allegro ma non troppo=19:37
2 Adagio=11:25
3 Scherzo.Presto-Trio.Andante sostenuto=11:24
4 Allegretto=9:11

タートライQ。初期の頃は濃〜い味で、自分のblogにも書いたこと
あったけど、Beethovenのラズモフスキー1番なんて最高のものでした。

1996年のデジタル録音っていうからちょっと心配でしたが、
2楽章でやや色気をみせるものの、
やっぱり昔の味はあまり感じられませんでした。
音の録り方が随分高音寄りであまり心地よくないサウンド。
1楽章は繰り返しあり。

だいいちメンバーが書いてなくてよくわかりません。

演奏時間は載せるようにしようと思いますが、
みなさん、この曲でチェックポイントにしたいところ
はありませんかあ?


| LP&CD | 13:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Schubert Quintet / Konzerthaus Q
シューベルト 
弦楽五重奏曲ハ長調
D.956

ウイーン・コンツェルトハウス四重奏団
vn1=アントン・カンパー
vn2=カール・ティッツェ
va=エーリヒ・ヴァイス
vc1=フランツ・クヴァルダ
vc2=ギュンターヴァイス

日ワーナーパイオニア G10503
(オリジナルは、米Westminster WL5033)

ベートーヴェンなんかだと、遅すぎるってんで批判もあびる彼ら。
しかし、Schubertではまさにぴったりの相性をみせる。
なんという豊かな呼吸、テンポ感覚!
音色も、「ヴァイオリンでもヴィオラでもチェロでもない、
それらがミックスしたある理想の弦の音」が実現されている。

| LP&CD | 19:01 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
Beethoven Op.74 / Beethoven Q
ベートーヴェン
弦楽四重奏曲第10番変ホ長調
作品74「ハープ」
(+第9番ハ長調「ラズモフスキー第3」)

ベートーヴェン四重奏団
vn1=ツィガーノフ
vn2=ザバフニコフ
va=ドルジーニン
vc=シリンスキー

露Melodiya CM03173-4(STEREO)

やっぱりマスコミとか自由主義経済に毒されていない人たちの
音楽は、誠実さ・迫真性・純粋さ・信念が違います。
自分たちの境遇や立場に負けない強さもあります。
1楽章も3楽章も快速なのに、ツィガーノフの弓裁きは見事。
ドルジーニンの深くそれでいて伸びのある音も印象的。
CDもありますよね。


| LP&CD | 18:46 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP