BBQ&S-BBQ

Bogus Beethoven Quartet & Special Bogus Beethoven Quintet
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
弦楽五重奏曲イ長調K.581!?

ノルウェーと海外から優秀な芸術家を集め毎年開かれるリソール室内楽フェスティヴァル
で今年紹介され大きな成功を収めたのが、Simax Classics が世界で初めて録音した
モーツァルトの“ヴィオラ”協奏曲と“イ長調”弦楽五重奏曲。

協奏曲は1802年、五重奏曲は1803年。いずれもオッフェンバッハ・アン・マインの
ヨハン・アンドレが編曲版の楽譜を出版した。ともに編曲者不詳。
協奏曲のほうは、ベートーヴェンかフンメルが編曲したと推測する音楽学者もいるそうだ。
五重奏曲は、クラリネット・ソロのパートをヴィオラ・ソロと第1ヴァイオリンが分担する。
Simax Classics のプロデューサーによれば
「五重奏曲は弦楽だけの曲としても立派に通用する」とのことだが果たしてどうか。

クラリネット協奏曲 イ長調 K622(ヴィオラのための編曲、1802年 ヨハン・アンドレ出版)
クラリネット五重奏曲 イ長調 K581(ヴィオラのための編曲、1803年 ヨハン・アンドレ出版)
アルヴィド・エンゲゴール (指)ノルウェー室内管弦楽団
ラーシュ・アネシュ・トムテル(Va)
ヘンニング・クラッゲルード(Vn)
ヤン・ビョーランゲル(Vn)
カスリーン・ブロック(Va)
クリスチャン・ポルテラ(Vc)
録音:2006年9月17日 オスロ大学ホール・ライヴ (協奏曲)、
12月20日-21日 ノルウェー音楽アカデミー、リンデマンホール (オスロ)

モーツアルトに”ヴィオラ”協奏曲ができたと思うとこれ以上ない喜びだが、
この曲はクラリネットで聴くものという先入観のせいばかりでなく、
ヴィオラでソロを弾くのはかなり厳しい。この晩年の大傑作の雰囲気が全くでていない。五重奏曲K.581の方がまだ自然だが、何かメロディーラインが不明確で
すっきりしない複雑な音楽になっている。そもそも、トムテルのヴィオラがムード・ムージック的でヴィオラらしい味わいがない。 
| LP&CD | 21:07 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ドイツ流のK.581

名演奏との評判が高い、ゴイザー(クラリネット)、ドロルツQによるレコードを聴いた。本当はエレクトローラのオリジナル盤で聴きたいのだが、高くて買えない。
聴いたのは東芝のLPレコード。

ドロルツ四重奏団は、ベルリンのカルテットで、リーダーの1stヴァイオリンのドロルツ氏がベルリンフィルの団員で、他3名、それからクラリネットのゴイザー氏がベルリン放送交響楽団の在籍とのこと。1950年結成のカルテットで、実があって心に響く素晴らしい音色だ。セカンドヴァイオリンも存在感十分。

このK.581、最近新しい演奏ばかり聴いていたので、久しぶりに人間らしい音楽に出会えたという感想。ドロルツ氏の出番が来ると、常に耳をそばだててしまう。
残念なのは、反復記号の処理。
第1楽章前半の反復を省略するのはしょうがないとして、
問題は第4楽章。
ヴィオラがメロディーを担当する短調の第3変奏のみ反復していないのだ。
実演なら様々な制約があって場合によっては仕方がないと思うが、
レコード録音でこの扱いはおかしい。
さらに聴き進むと、最後の第6変奏(アレグロ)、
はじめの8小節を反復している!
えっ!?こんなのあり?
昔の譜面にはリピート記号がついているのか?そんなことはないと思うが・・・
ここで戻すのはちょっと変。変奏らしく反復するなら、後半(終結部)も反復しなきゃ。

○モーツアルト:クラリネット五重奏曲イ長調K.581
○モーツアルト:弦楽四重奏曲第17番変ロ長調K.458「狩」
ドロルツ四重奏団
ハインリッヒ・ゴイザー(クラリネット)
| LP&CD | 19:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
シュタッドラー五重奏曲

おもしろいCDが出ました。

グリュミオー&ベネット/モーツァルト:フルート四重奏曲、他
CD-1
・モーツァルト:フルート四重奏曲全4曲
 ウィリアム・ベネット(フルート)
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 ジェルジ・ヤンツェル(ヴィオラ)
 エヴァ・ツァコ(チェロ)
 録音:1969年(ステレオ)
・モーツァルト:オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370
 ピエール・ピエルロ(オーボエ)
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 マックス・ルスュール(ヴィオラ)
 ヤーノシュ・ショルツ(チェロ)
 録音:1974年(ステレオ)
CD-2
・モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調 K.581
 ジョージ・ピーターソン(クラリネット)
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 豊田耕児(ヴァイオリン)
 マックス・ルスュール(ヴィオラ)
 ヤーノシュ・ショルツ(チェロ)
 録音:1974年
・シューベルト:弦楽五重奏曲ハ長調 D.956
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 アルパド・ゲレツ(ヴァイオリン)
 マックス・ルスュール(ヴィオラ)
 パウル・サボー(チェロ)
 フィルップ・メルモー(チェロ)
 録音:1979年(ステレオ)

D.956はいろいろお世話になったりして聴くのに苦労したもの。
K.581もLPで楽しんでいましたが、
たいへんな低価格(1200円ほど)でグリュミオーの室内楽という形で
まとめて出ちゃいました。
グリュミオー、ソロより合わせものの方がいいようです。
| LP&CD | 21:25 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ハイドンの作品20の5
音楽の泉から水を汲み取ることのできる数少ない本物のQuartet=ウルブリッヒQ

ハイドン 太陽四重奏曲集 作品20
1970年 ドレスデン、ルカ教会にて
第5番ヘ短調作品20の5
(5:40/5:30/6:10/2:40)
3楽章アダージョの幸せな響きと4楽章フーガの快速が印象的。


| LP&CD | 15:10 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ボリショイ劇場四重奏団
いったいこの人たちは何者!?
一人一人バラバラのようで、4人の集合体としてのメッセージが強い。
1楽章は主部を繰り返し、全体遅めのテンポで果てしなく彼らの世界が続く。
3楽章は、賛美歌のようなテーマに続いて各変奏がゆったりと歌われる。
終楽章は、前半おさえめに進行し、後半はじける。
作品127など他の何を聞いても独特のサウンド。
楽曲をいったん自分たちのものにして、完全に再構成している。
伝統や常識にとらわれない、パーソナルな表現であることはまちがいない。

Bolshoi Theater Quartet
Isaac Zhuk;vn1,Boris Veltman;vn2,Moris Gruvich;va,Isaac Bravsky;vc

Beethoven: SQ Op.18 No.5
MELODIYA D 9167

| LP&CD | 12:05 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
K.581


K.581。凄い境地だと思う。演奏は・・・とっても難しい!
どこをとっても弛みがない。

まずは、味わい深いこの演奏から・・・
フランソワ・エティエンヌのクラ、ヴェーグQ。
K.622の協奏曲も入っている。
麻薬的効果のある演奏。たまらん。
| LP&CD | 00:21 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
「ハープ」でお休み
ヴェーグQって、なんとなく腰が入ってないっていうか、
すーっと流れちゃう感じがあまり好きじゃなかったんだけど、
それだけに、寝るときにはちょうどいいかなとチョイス。

Music&Arts CD-1084(7CD's)
Beethoven
The Complete String Quartets
1952, Haydn Society, Boston
Vegh Quartet
(Sandor Vegh, Sandor Zoldy, Georges Janzer, Paul Szabo)

-No.10 in Es, Op.74"Harp"
(8:47/9:46/6:02/6:20)
| LP&CD | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
研究用CDRについて(続)
"Happy Birthday"原曲調査用で、レーガーが抜けていたので、
追加で配布します。

Max Reger(1873-1916)
String Quartet in Es, Op.109 (1909)
1.Allegro moderato
2.Quasi presto
3.Larghetto
4.Allegro con grazia e con spirito

あまりに曲が素晴らしく、ハイドリッヒがパロった1楽章だけでなく、
全曲聴いてもらうことにしました。しかも、2種類つっこみました^^
。隠坑僑糠、ドロルツQ
■隠坑毅映、ブッシュQ

この曲、ドイツ風の重い感じで、あまり期待せずに聴いていたのですが、
このレーガーという人、ヴァリエーションとフーガで音楽を展開させることに命を懸けていたようで、よく聴くと内容が濃く、圧倒されます。
この作品109でも、深く充実したラルゲットに続き、
終楽章は二重フーガになっています。ラストで長調になって明るく力強く
盛り上がるところは大興奮!Brucknerの第6交響曲のような終わり方です。


| LP&CD | 08:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
mozart year

Mozart Quintet in C, K.515
Quintet in G minor, K.516
Emerson Quartet, Kim kashkashian(va2)

演奏前になにやら会話を交わしてスタート。
この四重奏団、vn1とvn2が入れ替わる珍しい団体。
音が厳しく、集中力で勝負している感じのドラッカーに対し、
セッツァーは、やや細身の音ながらもメロディーを歌うのが得意。
禁欲的、構成的な曲には前者が、旋律的、情緒的な曲には後者が適性を示す。

というわけで、K515はドラッカーのvn1、
K516はセッツァーがvn1。
面白いのはva。高い座高をさらに伸ばして、動きがたいへん活発。
前後左右によく動く。ここぞという箇所に来ると、口を開けて
あーたまらん、というような表情で弾いている。

vcはボウイングの機敏な若いお兄さん。
で、目玉はva2のカシュカシアン!ショートヘアで大変凛々しく、
激しく動く1番の横で微動だにせず弾いているが、右手は激しく、
音がビンビン飛んでくる!さすがです。



Mozart Clarinet Quintet in A, K.581
Karl Leister(Cl), Berliner Solisten

こちらはベルリンフィルの男子5名という渋いメンツ。
並び方はこうなるのかあ。
vaはBPOトップのヴォルフラム・クリスト!
vn1にもうちょっと艶があるといいのだが、
ライスターを初め、余裕たっぷりの名演奏。

PDVD105
| LP&CD | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
D956の名演奏
おーい!いま聴いているんだけど、プラジャークQのD.956
半端じゃなく具合がいい!!
技術=超優秀、気合い=入りまくり、音楽性=抜群、
面白さ=一級品、録音=ハイブリッドSACD!、
呼吸感=自由自在・・・
できたらあとでデータいれますね。



PRAGA DIGITALS PRD/DSD 2501191
(Hybrid SACD)

Schubert
String Quintet D956 (19:50/14:14/10:35/9:52)
String Quartet D 94 (8:24/5:21/2:38/2:19)

Prazak Quartet
Vaclav Remes : vn1
Vlastimil Holek : vn2
Josef Kluson : va
Michal Kanka : vc1
Marc Coppey : vc2

2002.9.1, 2003.1.7
| LP&CD | 20:39 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP