BBQ&S-BBQ

Bogus Beethoven Quartet & Special Bogus Beethoven Quintet
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
2/17練習(S-BBQ-クラリネット五重奏曲)
S-BBQ練習 at 本八幡。

BBQ(S-BBQ)としては初の本八幡での練習。本番も近いので,モーツァルトのクラリネット五重奏曲をみっちりやる。
1楽章から順に通し→返し,と進む。
やはり1楽章が大変。呼吸はかなり合ってきたのだが,なんとなくしっくりこない部分もあり,そういったところを詰めていく。
2,3楽章はかなり慣れてきたので,なんとかなりそうだ。
4楽章は見解が統一されていなかった部分を弾きながら合わせていく。雰囲気は良くなった来たのではないだろうか。
最後にアタマから通す。途中いろいろ事故が発生したが,3楽章が終わったところで時間切れ。それぞれ問題点も見えたわけだし,本番までもうひとがんばりだ。

A.Bucolinさんに用事があったため,今回は終了後の飲みはなし。珍しくすんなり帰る。
| 練習 | 23:16 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
9/2練習(S-BBQ-クラリネット五重奏曲)
S-BBQ練習 at 青砥。

BBQ(S-BBQ)としては初の青砥での練習。モーツァルトのクラリネット五重奏曲をみっちりやる。
前回は1楽章を重点的に練習したので,まずは軽く1楽章を通す。前回の練習から一月しか経っていないのにかなり忘れていたのだが,今回は2楽章以降をちゃんとやろう,ということでとりあえず2楽章へ。2楽章はアンサンブルがしっくりいかないところの解決などに時間を使う。2楽章の問題点を一通り解決して3楽章へ。こちらはテンポ設定やら音符の取り扱いやらを話し合い,何度か試してみて決定。4楽章もはっきりしないところの解決を中心に。
休憩後は楽章毎に通しの録音→問題点を返す,というやり方で全曲を練習。なかなかよくなってきた部分も多いので,もう一がんばりというところか。

終了後はguuchokipanten氏が探してくれてきた焼鳥屋で恒例の飲み。いつもと違う店は新鮮でよい。

kaorina。の記事はこちら
| 練習 | 20:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ラグタイム
ハイドリッヒ”Happy Birthday変奏曲”12曲目、「ジャズ風−ラグタイム」にあまりにも乗れないので困っておりましたが・・・A.Bucolinさんのアドバイスに従い、「スティング」、スコット・ジョプリンを聴いて勉強しました。
http://bbq003.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/the_sting.html

大幅に演奏方法を変えなきゃならない、と痛感しました!
時間練習時に相談に乗ってくださいませ。
| 練習 | 00:03 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |↑PAGE TOP
Happy Birthdayの原曲のこと
ハイドリッヒの「ハッピーバースディ変奏曲」の『モーツアルト風』の原曲、
弦楽四重奏曲第19番ハ長調K465「不協和音」第2楽章

ヴァイオリンとチェロがかわす対話は、アマデウスQのセカンドVnのジークムント・
ニッセル氏によれば、ドイツ語で最も響きがかわいらしいとされる
娘の名前=「カロリーネ」なんだそうです。
練習では、このカロリーネちゃんはいったい何歳くらいのイメージなんだろう?
が問題になりました・・・

続いて、『レーガー風』の原曲、
弦楽四重奏曲変ホ長調作品109

いまひとつとらえどころのないレーガーですが、ある本によれば、
「変奏を永遠の展開として用いる技法」がシェーンベルクに賞賛されたとのこと。
複雑な転調や対位法もレーガーの売りのようです。BBQお得意の「変奏」が
キーワードになっているようです。
| 練習 | 09:37 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
深夜の練習(5/6)
昨日に引き続き、深夜の練習。
1.ベートーヴェン:op.74「ハープ」
2.ミフネ:ベートーヴェン第5交響曲のパロディーのカルテット
3.ハイドン:op.20-5
4.ベートーヴェン:op.18-5
ハープはリラックスしているためかいい調子。時間が経っている分、熟成したところもあるのか?
| 練習 | 03:20 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
深夜の練習(5/5)
多聞寺演奏が終了してから初の練習。メンバー3人が参加している弥生合宿にひげぺんぎんが潜入して決行。S-BBQ(Cl)もあり、今回はほぼ初あわせ。
やった曲は、
1.モーツァルト:クラリネット五重奏曲
2.ハイドン:op.20-5
3.ベートーヴェン:op.18-5
合わせてみて問題点が見えてきたので、研究するとしよう。
| 練習 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
練習始めますよ!
皆様、本番疲れは取れましたか?
次いつあるかわからない本番に向けて、再スタートしましょう!
練習する曲はたくさんありますよ!
というわけで、弥生の合宿に譜面を全部持ってきてくださいね。

ハイドン、モーツアルトの初見大会しましょ。
今までの復習もできたらなあと思っています。

詳しい練習予定についてはメールで。
| 練習 | 22:55 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
進化するBBQ
練習(3/21)の録音聴いた。
恐る恐る。

なかなか良くて感激!
個人個人が目の前の譜面を弾いているという感じの前回と比べて、
長足の進歩。ちゃんと合奏になっている。

ずいぶん練習したからねえ。
さすがBBQ!
| 練習 | 13:34 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
2/25練習(BBQ-ハープほか)
BBQ練習 at 多聞寺。

4/8の花まつりで演奏させてもらう会場での練習。木造で天井が高いという,これ以上ないというすばらしい音響!なんだか上手くなったような気分で練習(笑)。

まずは当日の演奏位置などを確認。その後ハッピーバースデーから開始。
ベートーヴェン風,ドヴォルザーク風は細かい部分を詰める。ポルカ・ワルツ風はテンポの切り替えに多少難があったが調子良し。この練習でコツはつかめたので以降は大丈夫だろう。映画音楽風はよくわからないが雰囲気は出ているような?ジャズ風は慣れてきたのかいい感じで流れる。タンゴ風,ハンガリー風もいい調子。あとはバランスとか細部の調整か。

調子が出てきたところでハープに移る。かなり慣れてきているので,流しながら気になったところで止めながら。1楽章ではMの前の作戦を練る。これはなかなかいい感じ。2楽章はまだかみ合わせが悪いところがけっこうあるので,繰り返しチェック。いつもその場ではうまくいくようになるのだが,時間が経つとまたダメだったりする。要復習か。

いったん休憩し,3楽章から始める。大きな問題はなくそのまま4楽章へ。さすがに4楽章はやばいところ多し。前回までの約束事などを確認しながら進めるが,Uからがどうにも合わない。おそらく私がまずいのだが,響きが良すぎて惑わされた感じ。何度かやって慣れたらまあまあ合わせられたが,ここは危険だ。

最後に2曲続けて通す。いろいろ問題点はあるが,止まらずに最後まで行く。かなりいい感じになってきたように思う。今後は精度を上げつつ,BBQらしさを出せるように練習だ。

終了後は当日のことを打ち合わせ。集合時間やら音出しのことやらチラシのことやらいろいろ。多聞寺さんで作るチラシに載せていただく内容を伝えてきたが,どのようになるのか楽しみだ。

今回は録音したので何度も聴いているが,響きの良さにかなり助けられている感じ。聴いていてもけっこうワクワクするところもあるし,なかなかいい演奏ができそうで楽しみになってきた。
ただ,いつもよりよく響くためにテンポの取り方がゆっくりになったり,合わせにくい部分があったりすることがわかる。本番までにこれを生かして練習しなければ。

最後は毎度おなじみ飲み。今回は鐘ヶ淵駅前で。ツブ貝が美味かった〜。

kaorina。の記事はこちら
| 練習 | 01:21 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |↑PAGE TOP
1/28練習(S-BBQ-シューベルト)
S-BBQ練習 at 曳舟。

鬱を押して曳舟までやってきたkaorina。だったが,やはり弾くのは無理だから帰ると言い出す。そのため,まずはお姉さま方とkaorina。のお話タイムにする。その間,男どもも別の場所で今後の作戦会議やらに有意義な時間を費やす。楽器を弾かなくてもアンサンブルメンバーの理解が深まる,たまにはこういうのも必要だ。

さて,気を取り直して音を出す。最初は1楽章通し。やはり久々なので忘れているところもあるが,ダカーポ以降はなかなかいい感じ。
時間があまりないので,4楽章に移る。1回通してみるが,流れがあまりよくない部分あり。開始のテンポがやや遅かったのに加え,途中で緩んでから回復しないのが原因とみて,気を付けながら該当個所をやる。最後に少しテンポを速めてもう一度通す。

時間制限ありの朝ゼミさんが帰ってから,BBQのみで少し続ける。
最初はハープの1楽章通し。主部は少し速めのテンポ設定としたが,なかなかいい感じ。本番もこの程度のほうが流れもよくていいのではないだろうか。
続いてハッピー・バースデー。全部通すが,途中で何度かひっかかる。ダメなわけではないが,やはりもう少し慣れて,やりたいことができるようにしないと。後半は雰囲気が出てきて調子良し。ハンガリー風のアッチェレランドは絶好調だったが,最初から手の内がばれる作りだったかもしれない。要研究。

終了後は飲み。ひげぺんぎんは途中抜けてダスビの練習に行ったが,戻ってきてさらに飲んだ。他の3人は7時間くらい飲んでいたことになる。お見事。

kaorina。の記事はこちら
| 練習 | 00:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP